【会宝産業】金沢から環境配慮型の自動車リサイクル技術を国内・海外へ発信、循環型社会の実現に向けての貢献

philippinesindonesiamyanmarvietnamthailandmalaysiasingapore
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会宝産業は、事業方針として「地球規模における資源循環型社会の一翼を担う」ことを掲げています。世界では人口が増加し続け、世界の自動車の保有台数は13億台に上ると言われています。作りっぱなし、売りっぱなしではなく、誰かが「あとしまつ」をしなければなりません。SDGsは、「誰一人取り残さない-No one will be left behind」を理念としています。SDGsの目標である「作る責任」「使う責任」に加えて、私たちは「あとしまつの責任」を自認し、日本人が持っている利他の精神で、地球規模課題を解決する静脈産業のパイオニアとして、常に船の舳先に立って果敢に挑戦してまいります。

Our business policy is “To play major role for supporting resource recovery in circular economy on a global scale“. As the population continues to increase in the world, it is said that the number of vehicles has reached 1.3 billion today. It must not be just selling vehicles, but someone has to do recycle waste into secondary raw materials “ATOSHIMATSU". "No one will left behind” is the central promise of SDGs whose Goal No12 is “Responsible Consumption and Production”. We are committed to develop circular economy to reduce the environmental footprint with the Japanese spirit of “Altruism” and “Atoshimatsu”.

具体的には、環境配慮型の自動車リサイクル技術として3点のパッケージ化されたソリューションを国内・海外の方々へ伝え、循環型社会の実現に向けて貢献しています。
・自動車リサイクル設備の企画/導入
・自動車リサイクル専用業務基幹システム
・自動車リサイクル技術・管理者への教育
また、当社は、中古自動車エンジンの品質規格(Japan Reuse Standard ; JRS)を開発し、世界90か国へむけた部品の輸出販売を行っています。

KAIHO INDUSTRY CO., LTD. offers a solution that addresses waste treatment and management of ELV (end-of-life) vehicles. This Eco-Friendly Auto Recycling system is designed to address resource circulation society and environmental conservation. Essentially, it is a packaged automobile recycling system comprising three components, which are:
・Installation of automobile recycling equipment and production system
・Installation of computerized business management system called KRA
・Provision of training on automobile recycling technologies and management skills

KAIHO INDUSTRY has developed a standard called the Japan Reuse Standard (JRS) for rating the quality of used engines and exported used auto parts to 90 countries in the world.

自動車リサイクル設備の企画/導入


日本の標準化された自動車リサイクル技術を現地のモデルプラントへ導入します。使用済み自動車は現地のローカルマーケットから調達し、鉄・非鉄金属などに分別し、中古部品として販売できるものを解体し、販売します。現地の状況に合わせた解体方法を提案します。

Installing the automobile recycling equipment


Our standardized Japanese recycling technologies will be adapted to the pilot plant. In this production system, ELVs will be collected from the local market and dismantled into mainly scrap metals (such as iron, aluminum and copper) and used recycle parts (such as engines, body parts and suspensions). We could propose the locally customized way of dismantling system.

自動車リサイクル専用業務基幹システム(KRAシステム)


KRAシステムは自動車リサイクル事業における、査定・仕入・解体・在庫・販売を一貫して管理することができる業務基幹システムです。このシステムによって、部品ひとつひとつをバーコード貼付することで品質情報・在庫情報を管理できると同時に、その部品がどの車種・型式から解体され、解体される前の走行距離や使用状態を把握することができます。

KRA (Kaiho Recyclers Alliance) system


The KRA system is a computerized business management system which allows users to efficiently support the execution of business processes that include automobile appraisals and order / production /stock / sales management. This system allows the company to manage quality control and inventory control with its extensive use of barcodes attached to individual parts. The barcode system identifies the origin, history, and specs of individual parts and provides vital information to customers.

自動車リサイクル技術・管理者への教育


2007年に自動車リサイクル研修センターを開設し、国内・国外の方々へ自動車リサイクルに関する技術・管理者研修の提供をしています。
当社の51年間の事業経験を踏まえた上で、開発途上国の現地の状況やニーズに合わせた技術マニュアルを開発し、受講者にとってわかりやすい訓練を提供します。

Training on automobile recycling technologies and management skills


In 2007, we opened a training center (International Recycling Education Center, IREC) to improve the skills of automobile recycling workers for our alliance partners in Japan and overseas. We convey the technologies and management skills acquired through our 51 years of business experience to trainees through classroom lectures and practical work under the training programs at IREC. We could provide custom technical manuals to match the local situation and specific needs of each developing country so that everyone can read and understand the process.

詳細は https://kaihosangyo.jp/company/
Details https://kaihosangyo.jp/english/
    https://kaihosangyo.jp/lp/container/
    http://www.unido.or.jp/en/technology_db/3776/  

問合せ: 海外事業部 鈴木大詩 
    メール suzuki@kaiho.co.jp 電話 090-8094-5133 
Contact:Business Development Division Mr.Taishi Suzuki
     Mail suzuki@kaiho.co.jp Tel +81 90-8094-5133
  • このエントリーをはてなブックマークに追加