【クボタファーム】『理論から実践へ』
アセアン地域において、「End-to-End Solutions」のコンセプトに基づいたクボタのアグリソリューションを実践するために開設された体験型農場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クボタファームはアセアン地域の持続可能な農業生産に資することに加え、精密農業の新機軸を全農家に展開することを目的にタイ王国チョンブリ県バーンブン市に開設されました。
87エーカーの土地に広がる9つのゾーンは
・精密農業で生産性を向上させること
・農家が自身の農場の分析と効率的な農場の設計・管理を通して利益を最大化できるようにすること
・効率的な農業機械と農園の管理を通して、コスト削減と持続可能な収益を得られるようにすること
・農家や農業に興味のある人にクボタのアグリソリューションを広めること
・農業機械の有効活用とクボタのアグリイノベーションを披露すること
を目指して設計されています。

KUBOTA FARM is divided into 9 zones, spanning over 87 acres of land in Ban Bueng District, Chon Buri Province. It was built with the goals of enhancing the region’s capacity for sustainable agricultural production. Aiming that the precision farming innovation will be accessible for all farmers.
Integrating cutting-edge agricultural innovation to deliver authentic farming experience, KUBOTA solutions are designed to achieve the following outcomes:
・Improve plantation productivity with precision farming
・Enable farmers to analyze and design effective farm management to achieve maximum profit
・Effectively manage agricultural machinery and plantations to reduce costs and generate sustainable revenue
・Disseminate KUBOTA (Agri) Solutions (KAS) knowledge to farmers and interested persons
・Showcase best practices on utilizing agricultural machinery and KUBOTA’s Agri-Innovation

サイアムクボタは、農業の持続可能性の向上が生活の質とタイ王国の発展に不可欠であると考え、体験型農場かつ農家が農業ソリューションと機械の使い方を理解できる学習センターとしてクボタファームをオープンさせました。東南アジアで最初の教育的で実践的な農業体験を狙いとしているクボタファームは、220ライの広大な土地に9つのゾーンから構成されています。

さらに、クボタファームは、ラマ9世国王陛下によって導入された王室の理論である『足るを知る経済』理論を採用し、農業および農機ソリューションにおける新しい理論農業ゾーンを設置しました。このゾーンで示されるソリューションは、農家が新しい理論農業に取り組む際に、『自給自足』、『他者への貢献』、『栽培製品の販売による収入』の3つの基本原則を達成するのに役立つ技術となっています。

農場の中心には、『成功と農業の繁栄の源』を意味するマハチャクリシリントーン王女殿下によって特別に名付けられた『カセチャイパット』展示館があります。この建物は、王女殿下のイニシャルを掲げることを許可されました。内部には、ラマ9世国王陛下とラマ10世国王陛下の王室の任務と王室プロジェクトに捧げられた『農業王』の殿堂があります。クボタファームの歴史を説明する展示、ファーム内の各ゾーンの詳細を説明する360度プレゼンテーション、KASクロップカレンダーアプリケーションなどのIoTイノベーションはじめ、様々な農業ソリューションを見ることができます。


Understanding how the growth of sustainable agricultural production plays an integral role towards the quality of life and the overall advancement of our country, SIAM KUBOTA developed KUBOTA FARM as an experiential modern farm and a learning center where farmers can observe the use of Agriculture Solutions and Machinery Solutions that can help optimize farming efficiency. Considered the first educational and practical farming experience in Southeast Asia, KUBOTA FARM consists of 9 different zones on an expansive 220 rais.

Additionally, KUBOTA FARM has embraced the Sufficiency Economy Philosophy, a royal initiative introduced by His Majesty King Bhumibol Adulyadej the Great, and created the New Theory Agriculture Zone to showcase land optimization management with the new theory of farming and machinery solutions. Solutions displayed in this zone are smart technologies that can assist farmers in their approach towards New Theory Agriculture in order to eventually achieve 3 basic principles of life, namely: self-sufficiency, contribution to others, and generating income by selling their cultivation products.

In the heart of the farm lies “Kaset Chaipat” exhibition building whose name was specially conferred by Her Royal Highness Princess Maha Chakri Sirindhorn, meaning “The source of success and agricultural prosperity”. SIAM KUBOTA was allowed to install Her Highness initials on the building. Inside, there is “King of Agriculture” Hall of Honor dedicated to the royal duties and royal projects of His Majesty King Bhumibol Adulyadej the Great and His Majesty King Maha Vajiralongkorn Phra Vajiraklaochaoyahua. There are also exhibitions explaining the history of KUBOTA FARM, 360o LCD presentations detailing each zone in the Farm, IoT innovations such as KAS Crop Calendar Application and other agricultural solutions.

9つのゾーン



ゾーン1:クボタアグリソリューションコンサルタントゾーン
サイアムクボタよって開発された様々なソリューションを紹介し、農家に提供します。

ゾーン2:精密稲作および輪作ゾーン
様々な新機軸を通して精密稲作農業の実演をします。このゾーンでは次の5つの農業ソリューションを提供しています。
1)ゼロブロードキャスト–田植え、直播、乾田直播の3つの方法を紹介します。
2)GNSS –自動方向制御システム
3)農業用ドローン
4)KAS作物カレンダー
5)GPSテレマティクスなどのクボタインテリジェントソリューション(KIS)

ゾーン3:新しい理論農業ゾーン
農業および農機ソリューションにより土地管理を最適化するための王室の理論を示す農業エリアです。


The 9 zones of KUBOTA FARM showing practical farming experience are as follows:



Zone 1: KAS Consultant Zone
-introducing the background and concepts of comprehensive agriculture developed by SIAM KUBOTA and offering consultancy to farmers.

Zone 2: Precision Rice Farm and Crop Rotation Zone
– demonstrating rice precision farming with the help of various agricultural innovations. In this Zone, KUBOTA provides 5 farming solutions as follows,
1) Zero Broadcast – introducing 3 rice planting methods which are transplanting, direct seeding, and dry seeding;
2) GNSS – the automatic direction control system;
3) Agricultural drones;
4) KAS Crop Calendar; and
5) KUBOTA Intelligent Solutions (KIS) such as GPS telematics to help increase farming efficiency and productivity.

Zone 3: New Theory Agriculture Zone
– a model farming area demonstrating the royal initiative to optimize land management with new theory of farming and machinery solutions.

ゾーン4:ゴム、アブラヤシ、果樹ゾーン
クボタの農業機械を使ったコスト削減と生産性向上の農業ソリューションを紹介します

ゾーン5:建機ゾーン
建設工事や井戸の掘削などの専門的なビジネスユーザーに向けたソリューションを紹介します

ゾーン6:畑作物ゾーン
キャッサバ、サトウキビ、トウモロコシなどの畑作物の栽培体系における農業機械の使用方法や精密農業に関する革新を通じてコストを削減し、生産性を向上させる技術を提供します。タイ政府と連携し進めるゼロバーンソリューション向けの技術革新も紹介します。

ゾーン7:KAS研究ゾーン
土地開発局と協力し研究している、土壌の改良に向けた作物ソリューションと農業革新を紹介します。

ゾーン8:KASトレーニングゾーン
農家が自分の農場で活用できる知識と実践的なトレーニングを提供します。

ゾーン9:イノベーション体験ゾーン
農家や農業に関心を持つ方向けのクボタ農業機械を体感・試乗できるエリア。

サイアムクボタは、農業における近代技術の開発の第一歩として、また精密農業を効果的に実践するための拠点としてクボタファームを位置付け、持続可能性向上によってタイ農家の生活の質を向上させることや東南アジア地域での農業の発展に貢献してまいります。


Zone 4: Para Rubber, Oil Palm and Fruits Zone
– demonstrating the farming solutions to reduce cost and increase productivity with the help of KUBOTA agricultural machinery.

Zone 5: Construction Zone
– demonstrating KUBOTA machinery solutions for construction and professional farming businesses such as drilling a well.

Zone 6: Modern Field Crop Farm Zone
– demonstrating modern farming for field crops, including cassava, sugarcane and maize with precision farming concept of total process machinery usage and providing techniques to reduce cost and increase productivity via total agricultural machinery as well as methods and innovation for Zero Burn solutions.

Zone 7: KAS Research Zone
– researching crops solutions and agricultural innovation and cooperating with the Department of Land Development in the research to improve soil quality.

Zone 8: KAS Training Zone
– providing knowledge and practical training for farmers to apply to their land.

Zone 9: Innovation Experience Zone
– an area for farmers and any interested individuals to experience and test drive each KUBOTA machinery in order to proper their land.

SIAM KUBOTA Corporation is firmly committed to establish KUBOTA FARM as the first step of the development for modern technology in agriculture and the centre of knowledge for effective implementation of precision farming with the ultimate goal to consistency improve Thai farmers’ quality of life for sustainability, leading new perspectives in agriculture to success within Southeast Asia region.

2020年8月6日(木)タイのシリントーン王女殿下をお招きし、クボタファームの開所式が行われました。カセチャイパットの展示館をご見学された後、カートにご乗車しファーム敷地内の見学をなさいました。

August 6, 2020 - Her Royal Highness Princess Maha Chakri Sirindhorn presided over the opening ceremony of “KUBOTA FARM” the first experiential modern farm of ASEAN located in Ban Bueng District, Chonburi Province and proceeded to visit the exhibition inside the building, Kaset Chaipat, before embarking on a royal trailer to sightsee around the KUBOTA FARM.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加