【LegalForce】弁護士がエンジニアと共同して開発するAIが契約リスクを可視化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されて以来、京都大学との共同研究も行う独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の課題を解決するソフトウェアの開発・提供を行っています。
Legalforce was founded by two lawyers in 2017. Since then, we support corporate legal professionals by developing software equipped with AI, which is developed by collaboration of lawyers and engineers, also in partnership with researchers at Kyoto University.

「LegalForce」は、AIを活用したクラウド型契約書レビュー支援ソフトウェアです。契約書のリスクを数秒で洗い出す自動レビュー機能や、社内の契約書データの有効活用を支援するナレッジマネジメント機能により、リスク検出やリサーチにかかる時間を大幅に削減しながら、業務品質を高めることが可能です。2019年4月に正式版サービスを提供開始して依頼、現在450を超える企業・法律事務所で利用されています。(2020年9月時点)
LegalForce is a legal AI doc review system. It instantly identify legal issues within contracts, and automatically build in-house contract database which is enables knowledge management within the team. Since its launch in April 2019, more than 450 companies and lawfirms adopted the system.
「Marshall」は、AI契約書管理システムです。締結版の契約書のPDFデータをアップロードするだけで、機械が自動で契約締結日や契約当事者名等の情報を抽出し、検索可能なデータベースを作成します。なお、アップロードする契約書は、紙で締結された契約書でも、電子締結された契約書でも、利用可能です。2020年8月よりβ版の提供を開始されました。
Marshall is an AI contract management system. When you upload the PDF version of signed contracts, it automatically convert them to data and create searchable signed contract database. Open beta test has just started in August 2020.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加